おいしくて腹持ちもいい!美容にもいいヘルシースイーツの豆花

お豆腐のようなスイーツ、豆花はご存じですか?

豆花と書いて「ドウホワ」や「トーファー」などと読みます。

台湾のスイーツです。

私は先日、初めて食べましたが、優しい甘さと、食べたことのないおいしさに感動しました。

豆花とは、大豆から作られる豆乳(とうにゅう)で作られたお豆腐に、柔らかい茹でピーナッツなどをトッピングして、やさしい甘さのシロップをかけたもの。

私はヨドバシカメラの8階にある「紅虎餃子工房」でいただきました。

関連ランキング:中華料理 | 大阪駅梅田駅大阪梅田駅(阪急)

豆花は高たんぱく低カロリーで、美容と健康によさそげなスイーツです。

だから

「太っちゃうなあ」

という罪悪感をあまり感じないスイーツというか(笑)

台湾ではタピオカと並ぶくらい、人気のスイーツだそうです。

スポンサーリンク

豆花は、豆腐のようで豆腐ではないスイーツ

豆花というものは、なんぞや。

ショーウインドウで見たとき、豆花とはどんなものかまったく知識なく食べました。

帰ってきてネットで調べてみると、大豆の豆乳で作った豆腐、ということがわかりました。

豆腐も大豆から作られるから、ほとんど豆腐ですよね?

豆腐はにがり(粗製海水塩化マグネシウム)で固めるけど、豆花は硫酸カルシウムなどで固めるらしいので、若干の違いはあるかもしれませんが、原料はどちらも大豆。

でも食べてみると、豆腐っぽさはあまりありません。

でもよくかみしめると、自然な大豆の甘さが口の中に広がる感じ。

豆腐のようなんだけど、微妙に豆腐とは違う。

豆花のお味ってどうなのよ

豆花は、おぼろ豆腐をさらにやわらかく、食感としてはゼリーに近い感じ。

私が食べた豆花は、マンゴーやキウィなどのフルーツや、ゆでたピーナッツ、そして大量のタピオカがトッピングされていました。

かけられている蜜は、例えば桃の缶詰のシロップくらいの、やさしい甘さ。

こってりした甘さじゃなくて、さっぱり、やさしいスイーツ。

豆花も、豆腐のような大豆臭がほとんどなくて、よーく味わうとほんのり大豆の甘さが口の中に広がるけど、それが本当に嫌な感じじゃない。

味覚が研ぎ澄まされる、自然な甘さが、からだにも、舌にも心地よい感じです。

ダイエットにもいいと思う

原料は豆腐と同じ大豆だから、腹持ちがいい!

豆腐ダイエットっていう、豆腐でお腹をふくらますダイエットもあったと思いますが、豆腐よりこの豆花のほうが、おいしいし続きそう。

ピーナッツが、カロリー高めですが、お肌にはいいらしいですから。

ピーナッツをよく食べる人は、お肌の水分量が高いって、前にテレビで見ました。

甘さ控えめで、ほとんど自然の甘さだから、胃もたれもしない。

スポンサーリンク

豆花、家でも作れそう!

おいしいおぼろ豆腐を買ってきて、豆花の代用できないかなあ。

茹でたピーナッツはスーパーに売ってないけど、マンゴーの缶詰をシロップごとかけたらどうだろう?と思っていたら。

豆乳にゼラチンを入れて、作るレシピを発見。

台湾グルメに注目!「豆花(トーファー)」をお家で楽しもう! / レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ
台湾で人気のスイーツ「豆花(トーファー)」。冷やし固めた豆乳に、豆やフルーツなどお好みのトッピングをのせ、シロップをかけるヘルシースイーツです。ツルンとした喉ごしと豆乳ならではのやさしい甘みは、暑い時期にもぴったり! ぜひこの機会にご家庭で手作りしてみませんか?

トッピングも、くるみやあんこ、さつまいもの甘煮など、バリエーションがきくみたいです。

作ってみたい!