アンチエイジング&更年期のお助けツボ「三陰交(さんいんこう)」

ここ半年ほど、せんねん灸にはまってます。

肩こり、腰痛、ずいぶんラクになりました。

ストレス解消というか、リラックス効果も感じます。

普段は、せんねん灸のホームページにある「アラフィーのとっておきのツボ」か、気象病の症状が出たり出そうなときは、めまいのツボにお灸しています。

スポンサーリンク

せんねん灸のホームページの「アラフィーのとっておきのツボ」はこちら。

アラフィーのとっておきの7のツボ|せんねん灸
せんねん灸。アラフィーのとっておきの7のツボ。「頭痛」「腰痛」「肩こり」「腹痛」女性に多い「冷え症」「生理痛」「生理不順」「肌荒れ」や「自立神経失調」「喘息」「痔疾」など様々な症状の回復に。ポイントは「血液循環を良くする」「身体全体のバランスを整える」「自己治癒力による体質改善」です。

そして、アンチエイジングのツボを見つけました。

アンチエイジングのツボ、三陰交(さんいんこう)

場所

足の内くるぶしの上のほうにあります。

内くるぶしの一番高い場所に、そろえた指の小指を当てて、人差し指が当たっている場所が三陰交(さんいんこう)です。

三陰交(さんいんこう)の効果

三陰交(さんいんこう)は女性のツボとも呼ばれます。

ホルモンバランスを整え、生理のトラブルも緩和します。

加齢に伴う調整機能の乱れを整え、更年期のホットフラッシュや冷えなども改善してくれます。

美容面でうれしいのは、三陰交(さんいんこう)は、むくみやたるみ、シワの改善も期待できるツボということ。

たるみとシワの改善!

アラフィー、嬉しくて思わずにんまり。

スポンサーリンク

三陰交(さんいんこう)にほぼ毎日お灸した結果は?

あまりに気持ちがいいので、ここ半年はほぼ毎日、せんねん灸をしています。

その日の気分や体調で、お灸をするツボは変えることはありますが、たるみとシワの改善の効果を知ってからは、この三陰交(さんいんこう)へのツボはなるべく欠かさないようにしています。

その気になりやすい性格で、私が単純なせいもありますが、心なしかほほの位置が上がって、ほっぺたがふっくらしてきて、目の下のシワも柔らかくなっているような気がします。

こればかりは、気のせいと言われれば、そうかもしれませんが(笑)

でもからだに悪いものではないし、化粧品を買うことを思えばコスパもいいし。

血行はよくなるだろうから、肌の色つやもよくなるだろうと思っています。

スポンサーリンク

せんねん灸を使用するにあたっての注意事項などは、製品のパッケージや、せんねん灸のホームページでご確認ください。

気象病対策について書いた記事でも、少し注意事項に触れています。

気象病対策で効果を感じた、せんねん灸のツボ
台風や大雨の前後、気温の落差など、気圧が変動するときに出てくる気象病の症状。私の場合、ひどいときはめまい、それ以外でもからだが重くだるくなって寝込んでしまいます。その症状の軽減に効果があった、せんねん灸のツボをご紹介します。
beauty&health
スポンサーリンク
フィフ子をフォローする
スポンサーリンク
息抜き・手抜き・気晴らし生活