1日大さじ2杯でOK!甘酒の効果がいろいろあってすごすぎる!

最近は甘酒ブームなのか、以前は近所のスーパーでも探し回ってやっと1種類見つかるだけだったのに、今年は飲み物のコーナーに何種類も置かれるようになっていました。

江戸時代には夏に夏バテ防止で飲まれていて、「飲む点滴」と言われるくらい栄養豊富で滋養強壮にもよくて、健康と美容、両方にいいということは知っていました。

でも実は、甘酒、ちょっと苦手でした。

いろんなメーカーのものを試してみましたが、お手軽なお値段の甘酒は、ちょっとクセが気になって。

中にはクセがなくて飲みやすい甘酒もあったのですが、お値段が少しお高くて、毎日飲むにはお財布に痛い。

しかしながら、これ、ヨーグルトメーカーで解決しました。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーで甘酒を作ると簡単&おいしい

我が家は毎日ヨーグルトを食べるので、試しにヨーグルトメーカーで甘酒を作ったら。

まったくクセがなくて飲みやすい、おいしい甘酒ができました。

結構たっぷりできるので、1回つくれば、毎日ヨーグルトに甘酒を入れる、3人家族の我が家でも1週間くらい持ちます。

我が家で使ってりるヨーグルトメーカー。

ヨーグルトを作るときも、牛乳パックにたねになるヨーグルトを投入して、牛乳パックのままこのヨーグルトメーカーに入れるので、本当に楽。

夜、寝る前に作れば、朝起きたときに出来上がります。

甘酒も、炊飯器で多めに炊いたご飯1合に分量の熱湯を入れて、熱湯殺菌したスプーン(沸騰したお湯をスプーンにしばらくかけるだけ)でしばらく混ぜたら、お水を分量分入れて米麹(スーパーで売ってます)を分量入れて、こちらも寝る前にスイッチを入れたら、朝にはできてます。

温度と時間をセットすれば、後はほうっておくだけ。

本当に、簡単に作れます。

そしてクセがなくて、本当においしい。

お米本来の、自然な甘さです。

我が家では、ヨーグルトに甘酒を大さじ1~2杯、入れて食べてます。

甘酒の効能

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれてその成分が、健康にいいのはもちろん、「飲む美容液」とも言われていて美容にもいいんです。

甘酒の成分は点滴と同じ

甘酒にはブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれていますが、これらの成分は点滴と同じ。

甘酒のブドウ糖は麹菌で分解された状態なので、効率よくエネルギーとして体内に吸収されます。

江戸時代に夏バテ防止で飲まれていたのは、理にかなっていたわけです。

疲れたときの疲労回復、滋養強壮なども期待できます

腸内環境を整え、免疫力アップ

甘酒はお米をこうじで発酵させて作るので、甘酒自体が善玉菌。

もとから腸内にある善玉菌を助け、なおかつ数も増やします。

そして甘酒に含まれる食物繊維やオリゴ糖も、腸内環境を整える働きがあります。

免疫細胞の60%は腸内にあるとも言われているので、甘酒の善玉菌が活性化して、免疫力アップにもつながります。

インフルエンザが流行する冬などには、風邪対策としても日頃から甘酒を飲んでいれば、免疫力が高まってよさそうです。

ちなみに、私は甘酒を毎日ヨーグルトに入れて食べるようになってから、便秘知らずです。

甘酒は美容効果も期待できる

善玉菌が増えれば、活性酸素が減ります。

活性酸素といえば、肌荒れや老化現象を引き起こす、美容の敵。

この活性酸素を減らすことができるので、美肌効果も期待できるのだとか。

甘酒に含まれるビタミンB群は、血行と代謝をアップさせます。

麹菌に含まれるビチオンは、目の下のクマ、肌荒れ、しみ、くすみを改善する効果が期待できるといわれています。

私自身、目の下のクマには効果を感じています。

常時出没していた目の下のクマが、ずーっと食べているうちに、あまり出没しなくなったように思います。

スポンサーリンク

他にも、イライラを抑えるGABAなども含んでいます。

(毎日食べてても、イライラすることはありますが。

食べてなかったら、もっとイライラしていたのかも(笑))

ダイエットの効果もあるとのことなのですが、毎日甘酒を食べて1年以上たちますが、私は体重は減っていません(笑)

甘酒さえ飲んでいれば自然に痩せるというわけではなくて、他のダイエットと併用して甘酒を飲むと効果があるかも、ということかもしれません。

甘酒はからだを温める効果もあるそうで、生理痛の改善も期待できるそうです。

甘酒のおかげか、週に5日はおこなうようにしているウォーキングのおかげかはわかりませんが、私は生理痛については、ずいぶん以前と比べてらくになりました。

美容効果は、お肌のくすみに効果を実感しています。

お肌の色が、少しピンクがかった色白になれたような気がします。

大人なら甘酒は、1日に大さじに2杯くらいでいいそうです。

甘いものが欲しいときに、お砂糖じゃない自然の甘味(お米がこんなに甘くなるなんて!と驚くくらい甘くなります)で、満足できます。

スポンサーリンク

健康にも美容にもいい甘酒。

おすすめです。

beauty&health
スポンサーリンク
フィフ子をフォローする
スポンサーリンク
息抜き・手抜き・気晴らし生活