【大阪のお花見】アルコール禁止の万博記念公園のお花見は子供も安心

春、桜の季節にお花見をしないと、なんとなくもったいない気分になったりします。

もし、小さなお子さんと一緒にお花見されるのなら、万博公園のお花見はおすすめです。

万博公園では、アルコールは持ち込み禁止。

家族連れが多いので、安心して広場で子供を遊ばせることができます。

ちょっと空き時間ができて、1人でのんびり桜を見たいときにも、万博記念公園は広いので、お花見をしている人の間を、気兼ねなく1人でぶらぶらしたりもできます。

万博記念公園は、とにかく広い!

桜は約5000本!かなりの本数です。

小さなお子さんも、のびのびと遊ぶことができ、安心してお花見ができます。

スポンサーリンク

万博公園へのアクセス

万博公園の最寄り駅、モノレールの万博記念公園までは、梅田からだいたい40分ほど。

地下鉄御堂筋線 梅田駅から千里中央まで行って、千里中央でモノレールに乗り換えます。

モノレールの千里中央駅から万博記念公園までは、5分ほど。

万博公園記念公園の駅から、万博公園までは徒歩5分ほど。

ららぽーとでランチしたりお弁当を買うのもあり

もちろん、お弁当持参でもいいのですが、駅を降りるとすぐにららぽーともあります。

ららぽーとEXPOCITY
大阪府吹田市の大型複合施設。大阪モノレール「万博記念公園」駅すぐ。大阪空港から約20分。エンターテインメント性のあるレストランや体験型ショップ、ファッションから雑貨まで、上質なライフスタイルを実現するショップが約300店舗。

中にフードコートや飲食店があるので、そこでランチするのもいいし、スーパーが入っているのでお惣菜やお弁当を買っていくこともできます。

私のおすすめは1階の中央あたりにある、本格的なパテのハンバーガーが食べられる「JS BURGERS CAFE」。

J.S. BURGERS CAFE | J.S. バーガーズカフェ
JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード) が提案するアメリカンテイストのジューシーでボリューミーなハンバーガーをベースとしたバーガーカフェJ.S BURGERS CAFÉ (J.S バーガーズカフェ) のオフィシャルサイト。季節ごとに変わる限定メニューやスウィーツの他、厳選したインポートビールが楽し...

ハンバーガーだけじゃなくて、フライドポテトもおいしいです。

テイクアウトもできるので、桜を見ながら青空の下でほうばるのもいいかも。

オレンジサイドには「デイリーカナート イズミヤ」があるので、そこでお惣菜やお弁当を買っていく手もあります。

万博公園はお花見の期間中、ライトアップもしているので、もしららぽーとで食事するなら3階にフードコートがあるほかにも、各フロアや、エキスポキッチンのエリアに飲食店が集まっています。

H.L.N.A ZONEにはロンハーマンのショップがあって、そこにロンハーマンのカフェもあります。

万博公園の営業時間と料金

営業時間

2019年3月20日(水曜日)から4月14日(日曜日)までの間は、夜間のライトアップもあります。

そのため、営業時間は9時30分から21時まで。(入園は20時30分まで)

16時30分以降の入園は中央口・東口・日本庭園前ゲートからのみとなるのと、17時以降については、桜の夜間開園エリア以外への立ち入りはできないので、ご注意ください。

スポンサーリンク
料金

日本庭園・自然文化園のどちらにも入れる共通の料金で、大人250円、小中学生70円。

もし「三井ショッピングパークカード《セゾン》」、「EXPOCITY特別ご優待パスポート」、「三井ショッピングパークポイントカード」のどれかを持っていたら、提示すると通常大人250円→180円、小中学生70円→50円にの割引を受けられます。(2019年4月現在の情報です)

万博記念公園
1970年に開催された日本万国博覧会、当時の先端技術を駆使して建てられたパビリオンが林立する未来都市空間。さまざまな樹木や草花を植え、太陽の塔を中心に、自然の森、そして新たな緑の公園として再生しました。
万博記念公園の当日入場券でEXPOCITYでお得な特典あり

万博公園でお花見した後、ららぽーとにあるEXPOCITY内対象エンターテイメントの施設に入るなら、万博記念公園の当日の入場券提示で、お得な特典が受けられます。

・NIFREL(ニフレル)…入館特典として、オリジナルグッズ(ポストカード)のプレゼント
・Redhorse OSAKA WHEEL(オオサカホイール)…通常ゴンドラ1人100円引き
・OSAKA ENGLISH VILLAGE(オオサカイングリッシュビレッジ)…「レッスンチケット200円引き、CNN caféにてソフトクリームが300円
・VS PARK(ブイエスパーク)…入館特典として、オリジナルグッズ(ポストカード)プレゼント
※ニフレル、VS PARKは施設利用が条件です。
※なくなり次第終了となりるそうです。

・EXPOCITY内、五郎っペ食堂・KFC・大起水産・浪曼路KITCHENにて、テイクアウトメニューを1000円以上(税込)ご購入で、EXPOCITY限定レジャーシートのプレゼント(なくなり次第終了)

以上は2019年4月現在の情報です。

内容に変更があるかもしれないので、詳細については、公式ホームページなどでご確認ください。

万博記念公園内のお花見 おすすめスポット

万博記念公園を中央ゲートから入り、太陽の塔を通り過ぎると、右側(東)のエリア、東大路に面した「上の広場」「下の広場」「東の広場」あたりが一番、人が集中します。

時間帯によってはレジャーシートを広げる場所を確保するのが難しいことも。

このあたりが、一番桜も多いし、ちびっこ広場も近いので、お子さんのおられるかたはこのあたりをねらう人も多いです。

でも万博公園はとても広い。

もし時間があれば、太陽の塔の西側の自然文化園のあたりも、よく探せば1本だけ桜があったりするので、運が良ければそこでゆっくりお花見できることもあります。

中央ゲートから入って、公園の西側の奥にある「桜の流れ」の場所もおすすめ。

いろんな種類の桜を楽しむことができます。

この2色展開の桜?は「桜の流れ」のすぐ西隣「春の泉」で見つけました。

日本庭園も見逃さないで

万博記念公園の広場でお花見したら、ぜひぜひ日本庭園の桜も見てください。

日本庭園の西側あたりに、桜がきれいな場所があります。

ここは桜がちょっと分散しているところもありますが、まわりの整えられた庭園の中に1本だけ桜が咲いている風景もいいものです。

 

これは万博記念公園の「日本庭園前ゲート」を出て「平和のバラ園」で撮った写真。

こんなフォトジェニックな場所も、いたるところに見つかります。

太陽の塔が、どの角度でも絵になるような気がします。

アルコール禁止で誰も宴会をしてないので、喧噪とは無縁。

スポンサーリンク

人が多いのに、おだやかな雰囲気の中でお花見を楽しむことができます。

万博記念公園のお花見は、おすすめです!