レバー嫌いでも食べられる!冷凍もできる!塩レバー

私は昔から、健康診断で鉄分不足をよく指摘されています。

鉄分補充はアンチエイジングで美容にもよいと聞いたのですが、私はレバーが大嫌い。

あのレバー特有の、ねとねとした食感や、飲み込みにくいぱさぱさ感、なんとも言えない味も苦手。

レバーの臭みを取る下処理をして、甘辛煮を作ったりもしましたが、やっぱりだめでした。

でもこのレシピの塩レバーなら食べられました!

スポンサーリンク

ぱさぱさ感が少ないので、比較的飲み込みやすいし、レバー特有の味や臭みも、この方法だとあまり感じないように思います。

そして作り方が、また超簡単!

多めに作って、ゆで汁ごと冷凍もOK!

レバー嫌いでも食べられる塩レバーの材料(3~4人前)

  • 鳥レバー 300g~400g
  • 砂糖 大さじ1~1.5
  • 塩 大さじ1~1.5

レバー嫌いでも食べられる塩レバーの作り方

①丁寧に作るなら、レバーの血合い(血管)や脂肪(白いところ)を取り除く。(←面倒なので私はしません(笑))レバーに砂糖と塩をまぶし、軽くもみこむ。密閉できる容器に入れ、冷蔵庫で2日間ねかせる。

②塩レバーが完全にひたるくらいに水を入れ、火にかける。沸騰したら弱火にして15~17分ゆでる。丁寧にするならアクを取る。(←ずぼらな私はアクも取りません)ゆでたらお湯を捨てずに、そのまま冷ます。

※水からはみ出した部分のレバーが黒っぽくなるので(黒っぽくなっても食べられます)、見た目をきれいに仕上げるなら、ゆでている間もレバーがしっかりお湯につかっているか確認したほうがいいです。

出来上がりです!これだけです!

スポンサーリンク

しっかり味がついているので、そのまま食べられます。

おしゃれにするなら、スライスして、こしょうとオリーブオイルかごま油を少量まわしかけてもOK。

気分をかえて、すりごま&ごま油を少量まわしかけても。

残った分はゆで汁ごと、タッバーに入れて冷蔵庫へ。

大量に作って、ゆで汁ごと冷凍もしましたが、レンジでチンして食べても違和感なしでした。

私はとにかくレバーが飲み込めなくて、お茶で流し込んだりしてましたが、この塩レバーだとそんなにぱさぱさ感がないので、飲み込めます。

レバー嫌いな私が、貧血防止のために、このレシピの塩レバーなら毎日食べられます。

そして何度もリピして作ってますが、最近では前ほどレバーの苦手意識も減ってきたような気がします。

スポンサーリンク

Rakutenレシピで見つけた、このレシピを参照しました。

私はさらにズボラに作ってますが(笑)

フォアグラかしら?☆いえいえ塩レバーです。 レシピ・作り方 by きのこのみみ|楽天レシピ
楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「フォアグラかしら?☆いえいえ塩レバーです。」のレシピ・作り方ページです。レバーパテも大好きですが、こちらの方がヘルシーでお酒はなんでも合います*\(^o^)/*