毎日食べても飽きないアンチエイジング対策 シリアルの作り方

ここ何年か、私の朝食はシリアルです。

寒い冬のみ、冷え性のからだを温めるために、朝食をやきもちに変えますが、春、夏、秋はシリアルです。

でも正直言って、市販のシリアルは、私には甘すぎたり、噛みごたえがありすぎて固かったり。結局、自分で作ったほうが、自分の好みにできるので、おいしい!という結論に達しました。

そして、いろんなレシピを作ってみて、自分なりに改良した結果、この作り方が私には一番ベストでした。もちろん、手抜きの超簡単レシピです。

スポンサーリンク

超簡単シリアルの材料

【材料】

  • オートミール 1袋(300グラムくらい)
  • アーモンドなどのナッツ類 1袋(91グラムくらい)
  • オリーブオイルかココナッツオイル 大さじ2~3杯
  • はちみつか黒砂糖、黒糖など 大さじ2~4杯
  • レーズンなどのドライフルーツ 1袋

※お好みで

  • すりごま 大さじ2~4杯
  • ショウガ ひとかけ
  • シナモン 小さじ1~2杯

超簡単シリアルの作り方

①ナッツをあらみじんに切る。

②ショウガを入れる場合は、ショウガもあらみじんにします。

③ボールにオートミール、あらみじんにしたナッツ、お好みですりごま、シナモンを入れ、よく混ぜます。

そして、オリーブオイル(またはココナッツオイル)と、はちみつ(または黒砂糖、黒糖など)を入れて、さらによく混ぜます。

※ここで、固まりができます。

よく混ぜるとだんだん固まりが小さく砕かれていきますが、固まりは残ったままでokです。

(この固まりが甘い部分になります。)

④トレイに③を敷き詰めて、ショウガ入れる時は、よく火が通るように②をその上に散らし、オーブンは140度で35分焼きます。

ご家庭のオーブンによって焼き加減が違うので、ここはようすを見ながら加減してください。

レーズンは保存容器に入れる時に、一緒に入れます。

オーブンで焼くと固くなるので、私はレーズンはこんなふうに後から投入します。

だいたい、この分量で、1.7リットル用タッパーに余裕で入ります。

スポンサーリンク

材料の分量は、どれもおおまかな目安です。多少分量が違っても大丈夫です。

ナッツ類は、アーモンド、ピーナッツ、くるみ、ミックスナッツなどでもOK。

すりごまを入れると、こうばしさがアップします。

私は冷え性なので、夏も冷房対策でショウガを入れます。

私はやわらかめが好きなので、スーパーで売っているオートミールで作ります。

私がいつも使うのは、日食のプレミアムピュアオートミール。

しっかりかんで食べごたえのある感じにしたい時は、オートミールのかわりにオーツ麦や大麦にするとよいです。

オーツ麦や大麦は、ネットで購入するか、百貨店の食品売り場に置いてある時もあります。

これを食べると、お通じも快適。お肌も調子がいいです。

そして腹持ちがいい!だいたい朝食には、シリアルを大さじ2杯+牛乳をかけていただいてます。

本当に、このシリアルを食べておくと、お腹がすきません。

スポンサーリンク

時にはおやつがわりに食べてます。忙しい時や、なんにもない時でも、このシリアルに牛乳かけて、ささっと食事をすませることができてとっても便利です。

重宝しています。