【青春18きっぷでアラフィフ日帰り旅行】大阪から岡山の犬島へ②

アラフィフにして、生まれて初めて青春18きっぷを使って、大阪から岡山の犬島まで日帰り旅行しました。

初めて青春18きっぷを使った感想と、犬島をまわったときの、そのご報告です。

犬島!

アートフェスティバルの規模においても、島の大きさにおいても、同じ瀬戸内海の直島に比べると地味な印象ですが、行ってみると、そのこじんまりさが魅力だなあと思いました。

また行きたい!と思うくらい、いいところでした。

スポンサーリンク

アラフィフでも、鉄道ファンでなくても、青春18きっぷは楽しめる

青春18きっぷといえば、鈍行列車でのんびりと旅をするイメージででした。

アラフィフの体力では、無理かな?

鉄道好きでもないのに、長時間列車に乗って飽きないかな?

と心配しましたが、全然大丈夫。

特に鉄道好きでない私でも、のんびりと電車の窓から眺める景色にいやされましたし、長時間、電車に乗っていることも苦になりませんでした。

というか、これを機会に乗り鉄(鉄道に乗るのが好きな人)になってもいいと思いました。

列車の旅、よいです!

犬島のご紹介や、大阪からのアクセス方法は、「【青春18きっぷでアラフィフ日帰り旅行】大阪から岡山の犬島へ①」をご覧ください。

【青春18きっぷでアラフィフ日帰り旅行】大阪から岡山の犬島へ①
青春18きっぷを使って、大阪から岡山の犬島まで日帰り旅行をしました。アラフィフで長時間、列車に乗る旅は体力的にきついのではないかと思ってましたが、まったく大丈夫。余裕で楽しめました。犬島の紹介や、大阪からのアクセス方法などについて。

11:10犬島着。まずはカフェでパスタランチ

午前11時10分に犬島に着きました。

まだランチには少し早い時間ですが、朝早くから列車に乗っていたので、お腹はぺこぺこ。

犬島観光や、アート鑑賞は後回しにして、まずは腹ごしらえ。

犬島にあるウキカフェは午前10時開店なので、さっそくそこへ。

 

ウキカフェは、犬島の港から、民家の間の細い道を進んで、徒歩10~15分くらい。

家プロジェクトのI邸のすぐ前です。

※ウキカフェの営業時間などは、facebookページで確認できます。

Ukicafe
Ukicafe、岡山市 - 「いいね!」417件 · 1人が話題にしています · 215人がチェックインしました - 広いお庭に黄色いのれん 土間 畳 石うす 畑 ブランコ プカプカ プカプカ 犬島でのひと時を ウキカフェでのんびり

店内は、古い民家に、昔ながらのストーブやおもちゃを飾って、ほっこりと和める感じで、かつ、おしゃれ。

お庭には、手作りのブランコや、にわとり小屋があるのですが、それもいい感じです。

パスタランチは2種類。
私はイカのトマトソースのパスタをいただきました。

パスタのお味も、ほっこり系のおいしさ。

料理上手な友達が、作ってくれた感じのお味。

イカが新鮮なせいか、やわらかくておいしかったです。

スポンサーリンク

まずは家プロジェクトへ

ランチの後は、ウキカフェから近い、家プロジェクトから回りました。

実は犬島で船を降りると、港の前には製錬所の美術館があるので、船を降りた人たちは皆、まず製錬所美術館へと向かっていました。

私たちは船を降りた後は、いきなりランチをしにウキカフェへ行ったので、人の群れとは離れるかたちに。

ルートも家プロジェクトから回り始めるという、変則的な回り方だったので、人の群れとは離れて鑑賞できました。

 

アートとは別に、犬島はお花や植物もてんこ盛り。

(行ったのは3月下旬です)

こちらは築100年の古民家でのアート。

糸を集めたハンモックには、寝そべることもできます。

立派な梁と、張り巡らされた糸との対比がおもしろかったです。

アートの中に入って、回りを鑑賞するようになっています。

周りの焼杉の壁の家が連なる風景と、この細かいモザイクのような絵との対比がおもしろかったです。

製錬所美術館へ

家プロジェクトを見た後は、製錬所美術館へ。

都会では展示できないような、スケールの大きいアートで、楽しめました。

製錬所をそのまま使用しているので、

「ここが昔は製錬所だったんだな」

と歴史を感じる空間もよかったです。

スポンサーリンク

アートを見た後は、美術館の裏側を散策。

海に面した崩れかけているレンガの風景もいいのですが、山側の階段を上るとまた違った風景が広がります。

 

今にも割れて崩れ落ちそうな煙突。

こちらは、すでに割れて崩れ落ちた煙突。

ギリシャのパルテノン風?

犬島は何気ない風景がいい!

犬島の魅力は、家プロジェクトや製錬所美術館のアートや、廃墟だけではありません。
島のたたずまい、何気ない風景など、ただ島をぶらぶらするだけでも楽しい!

こんな感じの道や、民家の間の細い道などをぶらぶらと歩きます。

山神社から見下ろすながめ。遠くに製錬所の煙突も見えます。

犬島は御影石の産地で、大阪城の石垣にも使用されるほど。

山神社は採石の安全を願って祀られているそうです。

小さな島なので、ちょっと歩けばすぐ海に行き当たります。

誰もいない海で、波の音を聞きながらボーっと過ごすなんていう、贅沢な時間の過ごしかたもできます。

犬島には、古い民家やお店が、たくさんあります。

ここは、昔の銀行?郵便局?

よく見ると、映画「スティング」で出てきた馬券売り場みたいな、昔の、木の枠の窓口や、公衆電話室が見えます。

犬島を回るおすすめのコース

【効率よく回るコース】

製錬所美術館→家プロジェクト→くらしの美術館(ビニールハウスと庭を鑑賞します)

【人の群れから離れて静かにのんびり鑑賞するコース】

・家プロジェクト→くらしの美術館→製錬所美術館→船が出る時間まで、チケットセンター横の海を見ながらボーっと過ごすか、島の中をぶらぶらする。

・家プロジェクト→製錬所美術館→くらしの美術館→船が出る時間まで、島の中をぶらぶらしたり、近辺の海辺で過ごす。

【人の群れから離れて静かに鑑賞したいけど、なるべく効率よく回るコース】

・くらしの美術館→家プロジェクト→製錬所美術館

※犬島でのランチはウキカフェの他、チケットセンターカフェ(船が着く港のすぐ前の黒い建物)、製錬所カフェ、在本商店などがあります。

※効率よく回れば、所要時間は3時間ほどと思われます。

スポンサーリンク

犬島から大阪への帰りの行程は「【青春18きっぷでアラフィフ日帰り旅行】大阪から岡山の犬島へ①」をご覧ください。

【青春18きっぷでアラフィフ日帰り旅行】大阪から岡山の犬島へ①
青春18きっぷを使って、大阪から岡山の犬島まで日帰り旅行をしました。アラフィフで長時間、列車に乗る旅は体力的にきついのではないかと思ってましたが、まったく大丈夫。余裕で楽しめました。犬島の紹介や、大阪からのアクセス方法などについて。